BaaBooFAZ「DosiRASo Familation」

概要

自身がキーボード(正式メンバー)としての活動するBaaBooFAZのシングル。2017年5月26日にBandcampで配信リリース、翌27日にCDで発売された。Theムッシュビ♂トは「DosiRASo Familation(Theムッシュビ♂トRearrange)」の編曲とコーラスを担当。もちろん、表題曲でもキーボードをメンバーとして担当しているが、Theムッシュビ♂ト名義でのリアレンジなので、本項目で取り上げた。

 

収録曲

1.DosiRASo Familation

2.DosiRASo Familation(Theムッシュビ♂トRearrange)

 

作詞作曲/BAABOONOBU

 

 

 

 

V.A.「Psychedelic Trash vol.2」

概要

2017年5月20日に絶滅レコーズからリリースされたコンピレーションアルバム[リンク]。別名義のPositive工房として「深海から空を」で参加した他、同曲のMSS Sound Systemによるリミックスを収録。

 

収録曲

1ゴミ - 転がるさざれ石のように
2.Shinka Miyabi - Heavens gate

3.enaluke - 大麻を吸う
4.Positive工房 - 深海から空を
5.とーず - 鍾乳洞で滴る水滴を眺めていた時の幻聴は
6.solidsmoke - 脳外科病棟Ⅲ
7.ゆらぎと破片 - 私の名前で化粧品のサンプルを注文したのは誰ですか?
8.DJトラッシュ - 金曜日に 
9.硬いとば - かき氷山のえせサイケデリック狂
10.MSS Sound System - Heavens door
11.aerogel - she said,I want to talk tonight
12.Иagi - 12000000
13.MSS Sound System & Shinka Miyabi Super Sonic Mad Orchestra - One day
14.鈴木O - 喝采
15.キヅミタと匿名の5人 - メタモルプランツエ

16.とーず - Lollipop
17.rjnk - オカメインコとあそぼう a.k.a. Poco Jam
18.MSS Sound System & Shinka Miyabi Super Sonic Mad Orchestra - Hurry!
19.裸時 vs ヒッキーP - 01 洗足池
20.裸時 vs ヒッキーP - 02 丸の内
21.裸時 vs ヒッキーP - 03 赤羽
22.裸時 vs ヒッキーP - 04 桜上水
23.裸時 vs ヒッキーP - 05 新木場
24.Positive工房 feat. MSS Sound System - Shinkai kara Sora wo
25.澤口瑞希 - フジイアマガエルの発生

 

 

V.A.「ウルトラユウスケ・オリジナルサウンドトラック」

概要

2017年5月7日にポジティヴレコーズからフリーリリースされたコンピレーションアルバム(PSTnet-029)。橋本彗監督による自主特撮映画「ウルトラユウスケ」のサウンドトラックであり、堀本陸がプロデュース、橋本彗が監修した。Theムッシュビ♂トは主題歌「ウルトラなんだぜ」で参加。


「ウルトラユウスケ」について
ひょんなことから巨大化した大学生・高山雄介(演・Yuusuke)が宇宙人・アグレッサー星人の侵略から地球を守るというストーリーで、「ヒーローとは何か」がテーマになっている。2017年5月6日に「第9回全国自主怪獣映画選手権・京都大会」(田口清隆主催・京都みなみ会館)で公開され、観客投票によって最優秀作品に選ばれた。5月7日にYouTubeで本編が公開[リンク]。


収録内容
1.ウルトラなんだぜ(カラオケ・バージョン)/Theムッシュビ♂ト×高山雄介×アグレッサー星人
2.プロローグ・高山雄介(M1)/堀本陸
3.平和な日々(M2)/馬瀬みさき
4.アグレッサー(M3)/馬瀬みさき
5.運命のいたずら(M4)/堀本陸
6.メインタイトル(M5)/堀本陸
7.生き残り(M6)/馬瀬みさき
8.まるで第1話!(M7)/馬瀬みさき
9.俺、変身するのかもしれない!(M8)/堀本陸
10.フルボッコ(M9)/堀本陸
11.死への恐怖(M11)/馬瀬みさき
12.敗北の夕焼け(M12)/馬瀬みさき
13.破壊される街、囚われの人々(M13)/馬瀬みさき
14.決意の巨大化(M14)/堀本陸
15.ユウスケの戦い(M15)/堀本陸
16.走馬灯、そして・・・(M16)/馬瀬みさき
17.みんなを守るために戦うことはできる!!(M17)/堀本陸
18.勝利の夕焼け(M18)/馬瀬みさき
19.エピローグ・ウルトラユウスケ(M19)/馬瀬みさき
20.ウルトラなんだぜ/Theムッシュビ♂ト×高山雄介×アグレッサー星人

演奏と録音は大阪音楽大学、ミックスは神戸電子専門学校の協力の元行われた。構成とタイトル・アートワークは橋本彗によるもの。


ウルトラなんだぜ
ムッシュビ♂ト×高山雄介×アグレッサー星人
作詞/Theムッシュビ♂ト・橋本 彗
作曲/Theムッシュビ♂ト
編曲/Yugo Yamada
Vocal.Theムッシュビ♂ト・高山雄介(Yuusuke)
Voice.高山雄介・アグレッサー星人(松尾 諒)・橋本
Chorus.馬瀬みさき
E.Guiter.E.Bass.Programming.Yugo Yamada

橋本作詞による「戦うことはできるから」という詞から歌詞のテーマ性を汲み上げた為、作詞は橋本との共作名義になっている。


レビュー/メディア
2017年6月17日、ニュースサイト「HIFUMIYO TIMES」にて映画本編と音楽についてのレビューが掲載された。

特撮専門誌「宇宙船」2017年夏号(2017年6月30日発売/ホビージャパン





インコちゃん達「えさ泥棒」

概要
2016年7月24日に開催したイベント「Theムッシュビ♂トとBaaBooNoBuの手を取り合って」にて無料配布されたCDRである。
盤面デザインは手描きのため全て異なる。
BaaBooFAZノブとTheムッシュビ♂トの2人によるセッションユニット・インコちゃん達の「えさ泥棒」という1曲のみ収録。

天心和風乙女団「オレ、劇団辞めます」(舞台作品)

概要

2015年3月28日〜29日に京都・人間座にて上演された、天心和風(かふう)乙女団公演「オレ、劇団辞めます」にTheムッシュビ♂トが出演。ピアノ弾き語り形態で、劇中の3つのシーンにそれぞれ1曲ずつライブ演奏を披露した。
「オレ、劇団辞めます」
作・演出/大妖精
出演/南乃もも、朝向日青葉、月島紫音(天心和風乙女団)、原田圭輔、メリ夫、藤枝テツヨウ(メイ同盟)、林太一(STORM KING)、クロベイ(劇団CLAP×CLAP)、ねん。
オープニングテーマ/林太一「逆走」
エンディングテーマ/Theムッシュビ♂ト「喜びの歌」
楽曲
1.くもり たぶん くもり(1コーラスのみ/BaaBooFAZカヴァー)
2.苛立ち(1コーラスのみ)
3.喜びの歌
「苛立ち」「喜びの歌」は未音源化曲だが、現時点で音源化予定はない。

V.A.「REAL CORE NIGHT VOL.1」

2014年10月19日に大阪・十三のスタジオ246ライヴスペースで行われたイベント「REAL CORE NIGHT VOL.1」の来場者特典として無料配布されたコンピレーションCD。当イベント限定の為現在入手不可。企画制作はUNDER PAIN CRAW


収録曲/参加アーティスト
1.東京より遠くへ/Theムッシュビ♂ト
2.僕はピストル(LIVE @へラバラウンジ 20141010)/BaaBooFAZ
3.Elect Music/ミンカ・パノピカ
4.go fuck'n' crazy/UNDER PAIN CRAW

V.A.「entamedia JAPAN SAMPLE CD #8」

entamedia JAPANが企画した無料配布コンピレーションアルバム。TSUTAYA渋谷店特設ラックで2014年7月5日より2000枚限定配布。A B 2枚組のうちのBサイドに参加。
参加曲は「FIT」で、「キラーチューンズ」収録のものと同一のヴァージョン。
収録曲/参加アーティスト
A
1.TAROCK/昨日夢
2.テレパシー/七井大介
3.my life./NatsuMi
4.下町ぶらりんこ〜お試しバージョン/つっちょ
5.夜の呼吸/桜草
6.泣いて笑うだけ/小関 峻
7.Strange Dance/VAKKA JENCO
8.ミラーボールシンドローム/unstuDLess
9.The Story of/AILEVENT
10.Walk to Survice/DRAMATIQUE
11.Dreamer/mitti
12.繋音/FiNeKetioN
13.今はまだ小さな灯火でも/Rapunzel
14.Desert man/ROB VIRGINITY
15.幸せのかたち/優
16.Alright/藤春 翔
B
1.Picture the future/TAROCK
2.the Root and the Trunk/The Reminder
3.REMIND/INFIRM BOX
4.違犯/うさぎダッシュ
5.BEAMS/THE CALENDAR GIRL
6.光の中へ/JAPS
7.真空管に乗って/明日も日曜日
8.My Tears Don't Fall About You/My Bridal Weapons
9.H/北条麻美
10.Red moon/J-Dis81
11.FIT/Theムッシュビ♂ト
12.Who am I!?/April Discord
13.明日はきっと/HANKs
14.Like a Shooting Star/TABLECLOTH
15.なう/ZaBii
16.4ever love/4seasons

こたつ「◯×こたつ(こたつ総受けコンピ)」

2014年3月1日に幼女マエストロからフリーリリースされたコンピレーション作品。幼女マエストロの主宰・こたつがボーイズ・ラブに挑戦するという、半ば内輪ネタによる企画物コンピレーションである。
デジタルコミック付きコンピレーションepとなっており、中川一がジャケットと漫画を担当した。
CDRでも制作されたが、デジタルコミックを収録する為、オーディオCDではなくデータCDとなっている。
Theムッシュビ♂トは「Theムッシュビ♂ト×こたつ」名義で書き下ろし新曲「炬燵の檻(こたつのおり)」で参加した。
1.総受け界のこたつ
歌詞:ろしあん 曲:もー 歌:こたつ
2.炬燵の檻
作詞&曲:Theムッシュビ♂ト 歌:Theムッシュビ♂ト×こたつ
3.無題
歌詞:あおまふ 曲:タキモトショウ 歌:こたつ

V.A.「架空コンピ(fictional-compilation) 」

2013年11月30日にレビューサイト・kikigatariの企画によりリリースされたコンピレーションアルバム。kikigatariに掲載された架空のレビューを元に曲を作るという企画である。
 
同時に内容の異なる同名アルバムが6つのネットレーベルからリリースされ、総勢23組のアーティストが参加した。
 
アートワークは小室藍
楽曲について
「架空コンピ」の迷われレコード版(MYWR-135オモイデレーベル版(OMOIDE-18)に収録された参加作品は、Positive工房名義の楽曲「Himitsu Fictional Link for http://monsiurbeat.saleshop.jp/」である。
 
お題となった「架空レビュー」の「3曲目」を元に制作され、「架空」というコンセプトを貫徹する為、名義もTheムッシュビ♂トではなく架空のものとなった。
 
「キラーチューンズ」にシークレットトラックとして収録された「秘密」のセルフリミックスであり、URLが含まれるという珍しいトラック名となっている。
 
その後、2014年4月27日のM3で無料頒布されたアルバム「フリーチューンズ」にシークレットトラックとして再録されている。
 

「アイドルの歌」

2013年7月3日、インターネットラジオ番組「ホームランズの楽しいおしゃべり」にゲスト出演した際に番組内限定で公開された作品。番組内限定公開の為長らく公開されていなかったが、2014年10月26日に無料配布CDRリリース、2015年2月14日にネットリリースされた、古川敏彦選曲・執筆によるアルバム「他薦ベスト」に収録された。

同番組のMCであるホームランズ(現ほむらんず)の山岡迷子がkangaroo girls名義で発表した楽曲のカヴァーである。
原曲はネットレーベル・Hand Craft Recordsからリリースされたアルバム「ペンギン通り」に収録されていたが、同レーベルがリンク切れとなった為、現在は山岡迷子個人アーカイヴでフリー配信を行っている。

Tokyolite×V.A.「As Never Want Remixes More」

2013年5月26日にポジティヴレコーズとHand Craft Records(リンク切れ)から同時フリーリリースされた、インドネシアのバンド・Tokyoliteの公式リミックスアルバム(PSTnet-014/HAND-040)。
 
全曲がTokyoliteの「Never Want」のリミックスであり、リミックス作品「Never Want (Good Bye My Dear)」で参加した他、Hand Craft Records主宰の599、Tokyoliteと共同プロデュースした。
 
アートワークはポジティヴレコーズ版をSiryu、Hand Craft Records版を599が担当。
 
アルバム名は「これ以上のリミックスを求めないくらいに」という意味を込めてTheムッシュビ♂トが命名した。
 
なお、後にネットレーベル・tanukineiri recordsよりTokyoliteのリミックスアルバム第2弾がリリースされている(余談だが、そのアートワークを担当したのは中川一)。
 
なお、Tokyoliteは本作のリリース後に来日し、フジテレビ系「ASIA VERSUS」にファイナリストとして出演。日本国内での知名度が飛躍的に上がった。
 
 
1.Never Want takahiro Remix 
2.Never Want 3106 Remix 
3.Never Want (nosey remix) 
4.Never Want (Getsuyoubi Remix)by Motoi kotaka 
5.Never Want(ぽこ先生 Remix) 
6.Never Want tele Remix 
7.Never Want Potatohead Remix 
8.Never Want MSR3DS Remix 
9.behind by methodctrl. 
10.Never Want(Paranoia Mix)by Takuma Ishikawa 
11.Never Want ToupeMapeto Remix 
12.Never Want (Good Bye My Dear)Remixed by Theムッシュビ♂ト 
13.Never Want DubbParade Remix 
14.Never Want Rotten Fruits Remix 
15.Never Want Ryo Arimura Remix 
16.yzox's Mega Mix of "As Never Want Remixes More" 

Mayoware Record「 迷われレコードCompilation 2 『これまで(MYWR-001~100)」

2013年3月3日に迷われレコードの100作品リリースを記念してフリーリリースされたリミックスアルバム(MYWR-100)。
 
迷われレコードの全リリース作品のメガミックスであり、M-6で「ポップ作家と妖精某」「そこから、何が見えるか」、M-8で「XD」「FIT」が使用されている。
 
1.MYWR-001~010 remixed by Franz Snake
2.MYWR-011~020 remixed by ima
3.MYWR-021~030 remixed by Potatohead
4.MYWR-031~040 remixed by DubbParade
5.MYWR-041~050 remixed by yellowlabel
6.MYWR-051~060 remixed by water and virus
7.MYWR-061~070 remixed by yzox
8.MYWR-071~080 remixed by umiotone
9.MYWR-081~090 remixed by Masashi a.k.a. KISS THE BURNER
10.MYWR-091~100 remixed by yu-tai sunset
 


V.A「COMPILATION ALBUM BY SAKIIKA VOL.量産型」

2012年12月12日にSAKIIKAよりCDリリースされたコンピレーションアルバム(SRCDR0505
 
ミンカ・パノピカ編曲による新録音源「FIT(Chamomiie)」で参加した。
本作は後に「キラーチューンズ」にも収録されるが、このアルバムが初出である。
数量限定作品の為現在入手不可。

 
01.Satanicpornocultshop - osaka shit
02.Theムッシュビ♂ト×ミンカ・パノピカ - FIT(Chamomile)
03.AkumaDaikon - DiscoDa7
04.FuneralAttendants - Mudai(20120720)
05.MasoRock - はなとゆめ
06.Yoko Ono Plastic Ono Band - The Sun Is Down remix by ugh
07.WhiteSoySauce&CrawfishHotPepper - Rockin'THE CITY
08.THEYANG - これでいいのだ
09.HanakoPsychic - Mount Hopeless
10.スープーメッセンジャ- - 夏の映写機 -Waiting on the Summer-
11.AkumaDaikon - 津軽
12.MasoRock - 猛正月(Burning)
13.SAKIIKA ALL STARS 2012 - Jingle(Ver.Biography)
14.ホセ山崎withBadHabits - Extla

桃色技術音楽堂「Lovely Reconstruction」

2012年10月28日にM3で、同12月31日にコミックマーケット83で頒布された桃色技術音楽堂のCDアルバム。4曲のオリジナル曲と13曲のリミックスで構成されている。
 
Theムッシュビ♂トはリミックス作品「曖昧な愛(Monochrome Tech Music)」で参加。本作がTheムッシュビ♂トが他のアーティストのリミックスを手掛けた最初の作品である。
 
 
1.dearQ
2.Cutie Magic (9月のメンヘラRemix by me_low)
3.曖昧な愛 (Musicarus Remix)
4.駅~STATION~ (muzi9uest Remix)
5.青いスカート (mikaru dnb Remix)
6.Cutie Magic (KIMU-TAKU Remix by のん's Factory)
7.Magic Girl (magical twins mix by Flightrec)
8.恋をした時に聴く曲
9.駅~STATION~ (Three years after leaving by Jam_boy)
10.Cutie Magic (say good night to my cutie girl mix by isym)
11.曖昧な愛 (MURA st mix)
12.青いスカート (MoreRockMix by mikisatellite)
13.Cutie Magic (tenorikami Reedit)
14.曖昧な愛 (Monochrome tech music by Theムッシュビ♂ト)
15.PeachTea
16.dearQ (ikeike-Q REMIX by Jam_boy)

V.A.「M2(M3行けませんでしたコンピ)」

2012年4月30日に幼女マエストロからフリーリリースされたコンピレーションアルバム。「M3に参加したかったが行けなかった」というコンセプトアルバムであり、リリースページは同人即売会をイメージしたものになっている。
 
Theムッシュビ♂トは「萌絵師(M2ver.) 」で参加したが、これは2010年にMySpaceでのみ発表した楽曲のリテイクである。

1.DUVET (remix) / potatohead
2.requiem / DubbParade
3.萌絵師(M2ver.) / Theムッシュビ♂ト
4.夜のカーニバル / こでよん
5.first snow / gondam
6.kamisama / Siryu
7.mayday everyday / 猫0号
8.ペットボトル / 座布団
9.ストロングベリーショットキック / 6v6

V.A.「迷われレコードCompilation『迷子センター』」

2012年4月1日に迷われレコード3周年を記念してフリーリリースされたコンピレーションアルバム(MYWR-060。アートワークは脳髄山
 
Theムッシュビ♂トは「これまでを振り返る」というアルバムコンセプトから、「PBAR(Playing Back And Review)」という楽曲で参加。歌詞にこれまで関わったネットレーベルの名前が使われている他、トラックに過去作品の対旋律やイントロなどのフレーズが引用されている。
引用されたフレーズは、「ユーのダー」「犬笛」「花束」「ポップ作家と妖精某」「クリスマスギフト」「胸中、それは苦しい」「エンプティーハート」「MIZUHO」「安威川慕情」「endroll-a remixed flower-」「やおい」「そこから、何が見えるか」「恋のつぼみ」「恋のいじわる」「YAKISOBA」「働く男」「習作〜茨木市米食推進委員會ノ唄〜 (Return to Physicalism: test bed 901 requested by niwatori rec)」から取られ、Theムッシュビ♂トの過去作品の多くをこの1曲で振り返るという趣を体現している。
 

1.ANXIETY/ミカンズ
2.remm/セーマンドーマン
3.new beginnings/DubbParade
4.sora_no/ima
5.朝には/緑色少女
6.PBAR(Playing Back And Review)/Theムッシュビ♂ト
7.冬の朝の夢/yellowlabell
8.masturbated/nemo asakura
9.Prince of Wales/FranzSnake
10.焦土 △/rosetown
11.kangaroo girls/しまうまぼーい
12駄目人間思考回路/青takahiro猫
13.明るいトラック/zaiden
14.muyuuhikou/antipas group
15.anti vivid/water and virus
16.サラ/健康
17.CATHERINE/サトウコウヘイ
18.いんいいいすと/反現代死
19.Monument/599
20.サンプルラッパ/STARRING
21.lmif/Potatohead
22.Sortie/depthqueuing
23.オレンジ/ユウタイサンセット
24.111213/mimorioto

MasoRock「JUSTICE EP」

2011年10月15日にネットレーベル・QUALMからフリーリリースされたep(QUALM-11)

 
MasoRockの「YAKISOBA」の公式カヴァー「YAKISOBA(Ver.TheMonsiurbeat) 」で参加。ミックスはソニックユースケが担当した。現在はリンク切れの為入手不可。

01.JUSTICE
02.JUSTICE (Remix without thinking by DJ Kesalan Patharan)
03.JUSTICE THAI DISCO
04.JUSTICE (X-FILE SUPER NOVA) 
05.YAKISOBA (Ver.TheMonsiurbeat) 
06.YUKIDOKE

V.A.「Ceramic Disc vol.1」

2011年3月20日のセラミックレコーズ主宰イベント「シガクラスタ!」で50枚限定で無料配布されたCD(CRD-001

 
「Be Happy!!」からリカットされた「恋のつぼみ」で参加した他、KxNxYxMxの「HEARTCORE」を作詞している。
 
なお、「恋のつぼみ」の名義は本来は「恋のつぼみ」制作委員会だが、本作の再録にあたってはリリース元と協議の上Theムッシュビ♂ト名義となった。
 
イベント限定配布作品の為現在は入手できない。
 

Disc1
1.Lo_Fi_Ichigo_Girls / code4
2.Time Traveler / banvox
3.New World / Bipolar
4.Snow Crystal / kanone
5.恋のつぼみ / The ムッシュビ♂ト
6.When the kotatsu cat cries / Nasekiko
7.Chinco 23 / Motoi Kotaka
8.HEARTCORE / KxNxYxMx
9.AMANOGAWA / sdhizumi
Disc2
1.琵琶湖美化委員会の音 / 6v6
2.bot / OMEGA ZERO PROJECTION
3.No.7 / tuaiki
4.pont-chou (take2) / 猫0号
5.Not 2 stay up late / Re_venant
6.ジャルムンベース ~フレ×2!どらむん~ / charlot
7.Air / .1110λ
8.映画館にて / 292451
9.夕闇オレンジ / Siryu
10.魔法少女☆未満(声遊びmix) / こたつ