「新視点・彼マス」

概要

2017年5月15日にポジティヴレコーズからフリーリリースされたリミックス・シングル[PSTnet-030]。アルバム「彼氏のマストアイテム」から抜粋された3曲が収録されている。

 

トラックリスト

1.ファンキーファイト(3106 Remix)/3106 

2.Sunao Ni Narenai(Release Edit)/Positive工房

3.ソニックウェーヴ(yzox Remix)/YZOX

 

3106による「ファンキーファイト」リミックスは本作が初出。

「Sunao Ni Narenai」は「もうすぐ素直じゃなくなる」のリミックスであり、2016年2月にsoundcloudで公開されたものを再編集したもの。

YZOXによる「ソニックウェーヴ」リミックスは、2015年2月25日にsoundclouで発表された後、「デートコースEP」にも収録されている。

Theムッシュビ♂ト×エリアル「初音ミク sings "恋のいじわる"ep」

概要

2010年7月4日にニコニコ動画にアップされた、Theムッシュビ♂ト作品で唯一のボーカロイド曲である[リンク]。ボーカロイドのプログラミングはエリアルが担当した為Theムッシュビ♂ト×エリアル名義となっている。
その後、エリアルによってミックスのリテイクが行われた上で、9名のアーティストによるリミックスやカヴァーなどを加えたリミックスアルバムとして、2012年3月9日(ミクの日)にポジティヴレコーズからフリーリリースされた(PSTnet-006)。
この2012年リリースのヴァージョンも再度ニコニコ動画にアップされている[リンク]。
アートワークは中川一が担当。本作が同氏がアートワークを担当した最初の作品。
Theムッシュビ♂トによるライナーノーツが封入されている。
2010年ヴァージョンの動画イラストはTOMが担当した。
 
収録曲/参加アーティスト
1.夏に君とラムネを飲んだ間接キスだったずっと君といると変な気持ちだったけどあの瞬間の心臓の音は君にも聞こえるんじゃないかってぐらい大きい音だった by 
ブレイクコアIDMを中心にして活動しているアーティスト・1110.λによるリミックス。タイトルともに殆ど原型を留めていないものの、センチメンタルな雰囲気は本作の冒頭に相応しいという判断から1曲目に収録された。

2.恋のいじわる(2012 New Mix)/Theムッシュビ♂ト×エリアル
作詞作曲編曲/松永剛寛
Programming.松永剛寛
Vocaloid Programming.エリアル
 
3.恋のいじわる[6v6_Answer _remix] 
ネットレーベルやニコニコ動画を中心に活動しているアーティスト・6v6@琵琶湖P
によるトリビュート・トラック。インストゥルメンタル作品。

4.恋のいじわる(sdhizumi House Remix) D.S.K Recordz/セラミックレコーズ所属のトラックメーカー・sdhizumi(a.k.a.SDH)によるハウスリミックス。オールドスタイルなディスコサウンドに仕上がっている。

5.恋のいじわる magical cutie mix remixed by 桃色技術音楽堂 
女性ボーカルによるエレクトロポップを主に手がけている桃色技術音楽堂(a.k.a. ryouta pinky)によるリミックス。
なお、後にTheムッシュビ♂トが同氏の作品のリミックスを手がけている。

6.恋のいじわる(愛と憎しみは紙一重 Remix)remixed by HASEGAWA4200 
 オールドスクールテクノ系トラックメーカー/DJであるHASEGAWA4200によるリミックス。氏は303専門レーベル・ACID-GELGEからも作品を発表している程の、ハードシンセ愛好家である。本作ではRoland MC09とYAMAHA RX8が使用された。

7.IJIWARU Landscape (kotatsu) 
同人音楽サークル・幼女マエストロ主宰・こたつによるリミックス。制作中に氏が失恋したことで、前半がエレポップ、後半がオルタナティブという異色の作品になった。なお、ギターは6v6@琵琶湖Pが担当。

8.恋のいじわる(プログラムは恋を知らず mix)remixed by Daisuke Ohnuma 
Daisuke Ohnuma(a.k.a.大福P)によるミニマルリミックス。海外ボーカロイドの積極的使用や実験音楽など、他のボカロPとは一線を画す作風でも知られる氏の作家性が反映された異色作。

9.恋のいじわる wBUFFAw edit 
wBUFFAwによるエディット。「クリスマスギフトedit」以来2作目となる公式エディットである。

10.恋のいじわる -Shoegazer Arrange- rearranged by やまじ 
ニコニコ動画を中心に活動する作曲家・やまじによるカヴァートラック。タイトル通りのシューゲイザーアレンジであり、ボーカルが鏡音リンの拡張音源である鏡音リンsweetへと交替している。
 
11.恋はいじわる?/Theムッシュビ♂ト
Theムッシュビ♂トによるセルフトリビュートトラックでありシークレットトラック。全英語詞によるオリジナルナンバーであり、サビ部分の対旋律に「恋のいじわる」のメロディが使用されている。
 
「日本語による粋な邦題が付いていた頃のオールディーズナンバーをDTM初心者がカヴァーした」という設定で、ローファイさを演出する為録音された音源をカセットテープに一度ダビングするという手法で制作された。
 
その後、「俺を変電」と「他薦ベスト」に再録されている。
 

Theムッシュビ♂ト×V.A.「Bouquet Of Remixed Flowers」

概要

2011年8月31日にセラミックレコーズからフリーリリースされたリミックスアルバム(CRM-026)。全曲が「花束」のリミックスであり、バラエティに富んだ全18アーティストが参加した。
Siryuが担当したアートワークは、実際に折り紙を手でちぎって貼り合わせたものを撮影して作られている。
また、Theムッシュビ♂トがライナーノーツを執筆した。
リリースと同時にセラミックレコーズのサイトがリニューアルされた。
収録曲/参加アーティスト
1.花束Monsiur's koinomikata edit Edited by 3106
3106によるエディット。原曲の空気感を堅持していることから1曲目に収録された。京都Nine Muzes
に同氏がDJとして出演したときにプレイされている。
 
2.hanataba Programmed by nekozelogo
猫0号によるチップチューンリミックス。実際にゲームボーイを使ってトラックが制作されている。
 
3.花束ーyou's HAPPY GABBA Remixー
ハードコアトラックメーカー・youによるハッピーガバリミックス。
 
4.hanataba(Cyborg Mix)remixed by motoikotaka
motoikotaka(Motoi Kotaka、もといとも表記する)によるテクノポップリミックス。キッチュなサウンドが特徴。

5.花束ー花葬リミックスーremixed by アラベスク☆下條
アラベスク☆下條(現-ぎぎぎとぐぐぐ/関西の某有名ニューウェーブバンドのボーカルの架空名義という説がある)によるリミックス。花葬リミックスというリミックス名の由来はL'Arc-en-Cielの曲名から。

6.花束rinrinrin mix remixed by ミンカ•パノピカ
ミンカ・パノピカの長上鋭司によるラテンリミックス。曲構成だけでなくメロディも改変されている。
 
7.hanataba banvox remix
banvoxによるエレクトロリミックス。メジャーレーベルから作品をリリースする以前の作品。
 
8.花束(初心者ミックス)remixed by ソニックユースケ
ソニックケトルとしても活動するソニックユースケによるリミックス。完全に原曲の素材のみで構成されている。
9.HANATABA crisis (kotatsu)
こたつによるリミックス。アニメなどの戦闘シーンのBGMを思わせる攻撃的なトラック。

10.Hanataba (Revenant Remix)
Revenantによるハードコアリミックス。原曲のメロディラインをリフとして使用している。
 
11.ピアノ男のリンリンリン
ナードコアアーティスト・ピアノ男によるアンサーソング。トラック名はBUBBLE-B feat.Enjo-Gの「Enjo-Gのシャッシャッシャッ」のパロディ「ピアノ男のシュッシュッシュッ」を更にパロディにしたもの。
12.花束 KxNxYxMx remix
セラミックレコーズ主宰・KxNxYxMxによるイタロディスコリミックス。
 
13.花束(アルバム•ヴァージョン)by 中田氏大百科
ハードコアバンド・中田氏大百科の柊びーとによるトリビュート・トラック。「花束という曲に出会った衝撃を表現した」とのこと。
14.あおとなでしこに花束を by魔ゼルな規犬
魔ゼルな規犬によるリミックス。サンプリングされている声は同氏と同氏が溺愛する青砥撫子のもの。本作は同氏のネットラジオ「魔ゼルな規犬のパソコン通信ラヂウォ」でもオンエアされた。
15.花束 (Leggysalad remix)
エレクトロニカアーティスト・Leggysaladによるリミックス。なお、Leggysaladとしても活動しているkevin327gは2013年にfhanaのメンバーとしてメジャーデビューしている。

16.花束 地味学生mix remixed by 中2太郎
中2太郎によるリミックス。「DTM初心者が作った」という設定で、原曲の面影はあまりない。
17.hanataba AkumaDaikon -LongSummerVacationRemix-
「夏休み」をテーマにしたという悪魔大根のリミックス。ウルフルズTHE BOOMセンチメンタル・バスなど様々なJ-POPがサンプリングされている。

18.endroll-a remixed flower- by Theムッシュビ♂ト
Theムッシュビ♂トによるセルフトリビュートトラック。原曲のイントロや対旋律を中心に構成されたインストゥルメンタル。