PIG MARRY「ラヴレター」

概要

村上亜賢(ギターボーカル)、山本 浩(ゆたか)(ベース)、ミッチー(ドラムス)から成るバンド・PIG MARRYへの提供曲。編曲は同バンドが担当。
3rdアルバム「Be Happy!!」収録曲だが、そのヴァージョンでアコースティックギターを担当した村上が自身のライヴで度々カヴァーしていた。その後、2015年1月のバンド結成時に、カヴァーではなく、PIG MARRYの持ち歌として提供を受け、2015年3月8日の初ライヴより披露。
また、ムッシュが作詞を担当した村上亜賢「再生の歌」(後述)も同バンドのレパートリーに加えられている。
2015年3月26日にシングルCD「ラヴレター/COME ON BABY」としてリリース。ライブ会場などで発売される。
ジャケット/ブックレットデザインはnurie、ミックス・マスタリングは山本浩が担当した。
収録曲
1.ラヴレター
作詞作曲/松永剛寛(Theムッシュビ♂ト)・編曲/PIG MARRY
2.COME ON BABY
作詞作曲/村上亜賢・編曲/PIG MARRY

吉野なお「踏切」

概要

アイドル/シンガー・吉野なおに提供した作品。編曲もTheムッシュビ♂トが担当した。2014年12月5日、東京・町田カーバンクルでのライヴが初演。

2015年3月22日にリリースされたシングルCD「起きろ‼︎」のカップリングとして収録された(CDには、表題曲「起きろ!!」ともに作詞作曲編曲者のクレジットなし)。

沙糸しろたま「君に届け」

キャッチコピー
新人女性ヴォーカル・沙糸しろたまが放つ圧倒的ピュアネス。3曲収録、3曲3様の初々しさ。
概要
2014年4月27日のM3春でCDリリースされた作品。新人女性シンガー沙糸(さいと)しろたまのデビューシングルである。Berryz工房の菅谷梨沙子へのトリビュートソングという意味合いの作品でもあり、2014年6月15日のBerryz工房個別握手会で本人にもプレゼントされた(PST-002)。また、2014年11月28日から12月1日まで期間限定でインターネット同人音楽即売会「APOLLO」でダウンロード販売が行われた。
当初はすがまい名義で2013年秋M3でのリリースを予定していたが、諸般の事情により延期及びボーカルの交代が行われた。
Theムッシュビ♂トは表題曲の作詞作曲編曲とトータルプロデュースを、全曲のミックスとマスタリングは長上鋭司が担当。
カップリング曲の楽曲提供者として村上亜賢とミンカ・パノピカが参加。
アートワーク担当はぴょんた。Berryz工房ファンのイラストレーターであり、一部のファンの間ではよく知られた存在。なお、このジャケットイラストはCDリリースに先駆けて菅谷梨沙子本人にプレゼントされたが、2014年6月13日の公式ブログにその写真が掲載された。
また、ブックレット入稿後の参加の為クレジットされていないが、盤面デザインはnurieが担当した。
2ndシングルとして「ジジの記録」というシングル曲のタイトルが公表されている。リリースは2014年10月26日予定とのことだったが延期され、現在リリース予定は白紙。
収録曲
作詞作曲編曲/松永剛寛
ベースをBaaBooFAZ(当時)のタカが担当した。なお、Theムッシュビ♂トによるセルフカヴァーがリリースに先行してライヴで披露されている。
 
作詞作曲/村上亜賢・編曲/松永剛寛
 
村上が当初イメージしたアレンジは実際に作られたトラックとは大きく異なる。
 
本作は村上のライヴでもセルフカヴァーが頻繁に披露されている。
 
作詞作曲編曲/パノピカ・エイジ
ミンカ・パノピカ名義での楽曲提供であるが、エイジ以外のメンバーは参加していない。
レビュー
音楽レビュー&コラムサイト「ウシドリのレビュコラム」で紹介された他、古川敏彦のレビューサイト「sittingbythechrchwithdan」になかがわゆうすけによるレビューが掲載された。
リミックス
前述した「sittingbythechrchwithdan」の企画により、アメリカ・ヴァージニア州のアンビエントアーティスト・Orca Life(Chris Roberts)によるアンビエントリミックス「Kimi ni todoke(Orca Life Remix)」が制作され、2014年5月30日に同ブログ内でプレミア公開された。
また、このリミックスはアメリカのニュースサイト・noogaでも取り上げられている[リンク]。Theムッシュビ♂ト関連作品が海外メディアに取り上げられたのは本記事が初。
その後、2015年2月14日にリリースされた「翼をください」でも素材として使用されている。

村上亜賢「呼吸」

概要

2012年11月15日に自主によるCDリリース、同17日にポジティヴレコーズからフリーリリース(PSTnet-008)が行われた村上亜賢の1stアルバム。
全編がアコースティックギターによる弾き語りとなっている。
Theムッシュビ♂トが村上との共同プロデュースを行った他、レコーディングやミックスを担当。また、「再生の歌」の作詞を行った。
アートワークはSiryu、ブックレットデザインはnurieが担当。マスタリングは長上鋭司。
CDは長らく在庫切れだったが、2014年3月13日、村上の初ワンマンライヴに合わせて、紙ケースのデザインをnurieがリファインした仕様変更バージョンにより再発された。
収録曲
2.繰り返し
3.再生の歌
4.BLACK
5.毎日
6.ヒト
 
全作詞作曲編曲/村上亜賢(except for M-3 作詞/松永剛寛(Theムッシュビ♂ト))
 
本作も含めた村上亜賢の音楽性については古川敏彦によるエントリにて詳細にレビューされている。
 
 
その後の展開
村上が2014年10月3日にCDリリースした2ndアルバム「ONE CROW」に「再生の歌」の新アレンジヴァージョンが収録された。なお、本作ではTheムッシュビ♂トはプロデュースには関わっていない。
 
 

その他の提供作品

「深呼吸」
2010年、ANNTENA(現Tomoo Kosugi)の楽曲に歌詞提供したもの。ANNTENAのMySpaceで公開された。
「HEARTCORE/LOVESICK
2011年、セラミックレコーズ主宰・KxNxYxMxによる企画シングルの為に歌詞提供したもの。まずはボーカロイド曲として公開され、「HEARTCORE」はセラミックレコーズのコンピレーションCD「Ceramic Disc Vol.1」に収録、「LOVESICK」はKxNxYxMxのsoundcloudにアップされ、アレンジャーを公募し、女性ボーカリストによる歌唱でネットリリースが予定されていたが、2014年現在、まだリリースされていない。
「ねこねごと」

2013年4月29日に幼女マエストロからリリースされたコンピレーションCD「おにゃん娘倶楽部」に歌詞提供した作品。作曲は幼女マエストロの主宰・こたつ、歌唱は紗智

「舌禍事件」
モデル・写真事務所であるstudio FREE PLANETがプロデュースするクリエイター集団・one DX MARK-Ⅲへの楽曲提供作品。Theムッシュビ♂トが松永剛寛名義で作詞作曲を担当した。
ヴォーカルが美鈴 唯・横山まりあ・さぉり・新・新屋敷ハイジ、ヴォーカルサポートがすなちゅ、編曲とサウンドプロデュースがtakahiro、動画制作がY.Yamaguchi・yujinという布陣で音源とMVが制作された。
2014年7月15日に予告ムービーがYouTube上で公開され、本編MVの「近日公開」と「studio FREE PLANETとしての音楽プロジェクト」が予告されたが、現時点でリリース形態やリリース日はアナウンスされておらず、現在は予告ムービーもリンク切れとなっていて、事実上のお蔵入りとなっている。